2011年4月1日金曜日

ある看護士さんの記録



「被災地へ医療スタッフとして行ってきました。


ここから

日本中のみなさんに読んでほしいと思いました。

忘れないで想いをつないでいきましょう!!


好き
泣いたあとは、好きなだけ「ポポポポ〜ン」もよし。

あいさつするたび 友だち増えるね




がんばろう!日本—ねがい—


気温が早く上がり寒さに震えなくてもよいように

被災地に早く救援物資が届きますように

原発の近くにいる人たちの安全が守られますように

充分な物資とケアが被災地に早く行き渡りますように

みんなが大切な人と早く会えますように

一日も早く被災地に日常の暮らしが戻りますように

被災した方たちの心の傷が一日も早く癒えますように
そして、日本の未来が幸せでありますように


にほんブログ村                                                    写真ブログへ

〈今年10月8日(土)震災支援チャリティとして開催予定〉
2011せんば鎮守の杜芸術祭—とどけ愛の歌
「船場deオペラ」2010公演ムービーをアップ〈全14本〉〈詳 細〉

6 件のコメント:

孤高のオオカミ さんのコメント...

KENさん、ナイス・パスです。
阪神淡路大震災の時もそうでしたが、
政府の支援策は、被災者視線に降りてないモノばかり。
長田地区の自治会長が、自治大臣に嚙み付いていたのを思い出しました。
今回も、政府や東京電力は、まるで他人事の様に説明を繰り返すだけ。
何を学んできたのでしょうね。

yuzumama さんのコメント...

読んできました。
想像以上に大変で。。

みんな頑張ってるのにね。。

ホントにみんなのねがいですね。。

早く普段の暮らしが出来るような環境に戻してあげたいですね。。

アリーノ さんのコメント...

涙なしでは読めないほどの被災地状況。
耐えて耐えて、生き抜いて行こうとする被災地の方々の事を、ずっと思い続けて行かなければいけませんね!
温かい飯食べれて、温かい布団で眠れて、
当たり前の事がどんなに幸せだったのか・・
神戸震災の時もそう思いました。
現地へは行けないけど、
当たり前の毎日を過ごせる私達が、
その感謝の思いを何らかの形で現地に向けないと! 
やはり私には募金しかできません
わずかながらも続けて行きます。

ken さんのコメント...

孤高のオオカミ さん
ほんとうに仰る通りです。
支援もスピードが大事なのに
遅すぎです。
原発事故のほうも心配になってきました。

ken さんのコメント...

yuzumama さん
現地の様子が手に取るように
解ります。
頭の下がる想いで読みました。
自分たちのできること、忘れないで継続してゆきたいです。

ken さんのコメント...

アリーノさん
あまりにも悲惨な現状に
涙が止まりませんでした。
職務とは言え、頭が下がります。
感謝しないとダメですね。
自分たちに出来ること、やってゆきましょう!!